中性脂肪とランニングの関係

皆様こんにちは。

今日のテーマはランニングか、、、

私はキライだ。

という事で、今回はおしまい。

さよなら(ToT)/~~~

・・・違った。

もとい・・・

今私は中性脂肪対策でウォーキングをしているのですが、その間にちょっとだけでもランニングを取り入れてみようかと考えています。(嫌だけど)

体を動かすのはとっても好きです。もちろん走るのも本当は嫌いではないのですが、なぜか、昔から私が走ると周囲が爆笑するのです。なので、嫌いになってしまいました。

きっと私は、“もも神”か“ひざ神”のような走り方をしているのでしょう。自分の走り方がどれだけ変なのかは、悲しいけれど、自分では分かりません(-_-;)

先日、こんな悲しい事がありました。ウォーキングがてらのお買いもの。帰り道に夫の車を見つけて、ダッシュ&手を振りながら車に近づくと、なぜか車はそのまま行ってしまいました。しかも、ちょっと急いでる感じ。

なんでかな~?と不思議に思いつつ帰宅して、“さっき車に手を振ったのに~”と告げました。すると、車に同乗してた娘が大爆笑。ヒーヒー笑いながらこう話しました。

“パパ、変な人が変な走り方しながら近づいてきた!!パパ~、ドスドス走りながら近づいてくる!!コワイ、逃げて逃げて~”

そして夫は素直に逃げたのだそうです。ヒドイヨネ(-_-メ)

そんな私ではありますが、これにめげずにドスドス変な走り方でランニングに挑戦してみたいと思います。

ランニングの効果

ランニングは最もポピュラーな有酸素運動のひとつです。ランニングはウォーキングと比べると筋肉量の増加が期待できます。筋肉量が増加すれば、必然的に基礎代謝が上がり、結果普段の生活で消費するエネルギー量が増えます。

また、中性脂肪がたまる原因の1つにストレスがあげられますが、ランニングによりストレスが緩和される効果も期待できます。

こう聞くと、やらない手はありません。走り方が変でも、ドスドスでも(*^_^*)v

効果的なランニングの方法

どれくらいランニングすればいいの?

10分程度の短時間でも良いですので、継続する事が大切です。毎日が無理なら、1週間の内3~4日行えば効果が期待できます。無理なく10分走れるようになってから、徐々に時間を延ばします。

走る速度は?

ゆっくりでいいので長い時間走りましょう。どれくらい長い距離を走ったか?ではなく、何分間続けて走ったか?が重要です。

合わせて行うと効果的な事柄

歩く

せっかくランニングで筋力がアップしたのですから、それを日常生活の中に取り入れて、さらに中性脂肪を燃焼させましょう。たとえば階段を使う、1駅分だけ歩くなど、無理なくできる事で続けましょう。

スケジュール化

他のスケジュール同様、ランニングをスケジュール化します。こうする事で、「タスク=やるべき事」として認識され、実行・継続しやすくなります。クラウドのスケジュールにある繰り返し機能などを上手に活用すれば、忘れる事もなくなります。

記録する

ランニング記録を付ける事で、達成感を味わう事が可能になり、結果として継続に繫がりやすくなります。簡単な書き方でいいので記録してみましょう。

ランニングの注意点

時間帯

早朝や食事前のランニングは健康リスクが高いです。これは、ランニング中に発作を発症した方の内、この時間帯が一番多かった事からそういわれています。健康な方であっても出来ればこの時間は避けるか、あるいはきちんと食事をとった後30分以上経過してからランニングを行いましょう。

夜、ランニングを行うと、副交感神経がみだれてしまい眠りの質が低下します。なので、夜のランニングはおすすめできません。

空腹時は?

空腹時のランニングも避けましょう。ランニング前にバナナ・カロリーメイトなどでもいいので、軽めの食事でエネルギー補給を行います。食後30分程度あけてからのランニング開始が望ましいです。

準備運動

ランニング前にはストレッチなどで体の準備を行いましょう。これを怠ると、けがなどの思わぬアクシデントに繫がります。

服装

ランニングでケガなどしないためには、服装もポイントです。動きやすい服装で行いましょう。

水分・ミネラル補給

ランニングを行うと、季節にかかわらず汗をかきます。ミネラル飲料を補給しながらランニングを行いましょう。

ケア

ランニングは、想像以上に筋肉や心肺機能を酷使します。ランニングの後に行うケアとしてストレッチが適しています。時間があれば入浴などで体をリラックスさせましょう。

まとめ

最近、走っている人を本当にたくさん見かけます。すごいな~と、以前は感心しつつ見ているだけでした。

自分のランニング姿を想像すると、ちょっと腰がひけてしまうのですが、せっかく正しい知識を身に着けたのですから、私もランニングを始めたいと思います。

可愛い子供達、そして世間のみなさま、笑わずにどうか温かい目で見守ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です